Tephra blog

大学4年間に綴る日記的なもの

出会いと別れ 一人旅

今私は石巻の被災地を視察、その現状を心に刻み、東京へ帰るバスの中にいる。

 

そして、特にすることもなく、旅や出先から戻るときはいつもの事だが石巻の良さと石巻を別れる悲しさ、寂しさを感じており、ピアノクラシックがグサリと心に刺さる。

分かる人がいたら嬉しいがシューマンの森の情景、別れ は緑豊かな田舎に別れを告げる自分に重なり、感傷的にさせてくれる。

 

 

 

鹿児島のゲストハウスで会った人に言われた事だが

 

 

誰かに会って仲良くなる

そして必ず別れというものがやってきて

悲しみや寂しさを感じる

たまたま今日ここで

偶然にも出会っただけで

もう一度会えるか分からない

その事を何回も経験し

知っているのに

また新しい出会いに心躍らせる

 

 

確かにそうである。

大学に入ってから私は周りの人がヒくくらいに一人で行動し、様々な出会いを経験した。

いや、むしろ友達と一緒ではこの出会いはなかった、とも感じる(勿論、友人は友人で好きである)。

例えばゲストハウスでも、一人でいたからこそ、他の一人の人が一人の私に声をかけられるし、それぞれの人生観を食事を介して話し合える。

貴重な一人の時間、

それが生んだ偶然の出会い。

しかしながら必ず別れがやってきて

各々が進む道へと進む。

 

旅人は無意識のうちに自分の人生にこの繰り返しを求めているのかもしれない。

 

一人旅は寂しくないのか、とよく言われる。

ちょっと前まではイヤミを言われているのかと思っていたが、もうそう感じることはない。

結論は一年経って出た。

確かに一人旅は寂しいものである。

しかし、それは友達や彼女がいないから寂しいのではなく、出会いに対する別れが寂しいのだ。

 

一人旅は無数の出会いの可能性、そこにあるのだ。

 

(といいつつ、彼女、欲しいものである)

 

【補足】

私は「旅行」と「旅」は別物と捉えており、「旅行」が楽しみが内部で生まれ、内部で完結するもの(つまり個人や属する集団で完結するもの)、「旅」は楽しみが外部と内部双方から生まれ、双方に寂しさを与えるもの、と感じている。

当然、優劣をつけようとは思わない。

家族や友人、彼女と、若しくは趣味で一人で「旅行」をすることもいいと思う。

 

【補足2】

今回の石巻被災地の視察は一人旅ではなく、かねてから被災地の現状や被災地に住む人々を知り、今後の人生に活かしていきたい、と感じ、視察団に応募した次第である。

自分の知らない領域というべきか、自分が無知なだけかは分からないが、この視察は想像以上のもので、被災地の新たな課題や浮き彫りとなった問題、そしてそれに携わる方々の人生観、非常に勉強になったうえ、コミュニティ形成と共生に何が必要なのか、今の自分にできることは何なのかを知ることができた。

旅とはまた別に夢がない私がやりたいことが少し見えた気もする。

2017年春学期取得単位について

はじめに昨年のお話から。

 

昨年前期入り8単位落単という屈辱を味わったが、後期はなんとかフル単。裏技使えたこともあり、卒業要件単位通算45単位、すなわち3単位落単にすり替えることができた。

あれですね、ボ○ャラリ先生ありがとう😊

 

さて今年に入り

これ今回フル単オールA狙えるわ〜(2017.4)

 

あー、一限英語かったるいなぁ

(2017.5月半ば)

 

今日全ブッチして明日の上高地実習前泊しよう!(2017.6月末)

 

これ板書できねえわ、「我が闘争」読むべ

(2017.7月半ば)

 

月日は無情にも流れた。

テストの週になってからいよいよ焦り出す癖は昔から変わらない。

今年度から私の専攻は駿河台でも講義が取れるという、ハタから見ればお前3年か?、状態になった。勿論、意欲的に駿河台の講義入れたのだが、7月になって漸く気づいた。

 

フル単でも必然的に和泉返しじゃね?

 

そう、文学部共通選択科目なるもの(=ボ○ャラリとかココロの○学とか)を24単位取らなくてはならないのだが今年度フル単でも18。

駿河台では共通選択科目の講義が少ない上、駿河台開講の明大の歴史は今年取ってしまった。

 

ヤバいヤバいヤバい

 

もうこの際、この件については考えないことにしよう。

それよりせっかく駿河台の地理学計8単位落としたらアウトや〜・・・

英語落としたら仕送り止めるぞ脅迫きてるしなあ…

 

で、で、で

 

テストというのは解いている最中は空欄が半分近くあっても単位来るんじゃないか?という妙な自信が湧いて来るんですよ

 

終わって気づく、ヤバいんじゃね?今回確定単位6しかないやんンヒィ

 

そして、お待ちかねの今日15時03分

f:id:izmcampus:20170905155040p:image

最初は驚きました。Fが散見されて死んだ…となりましたよ。

ところがそれは昨年前期のものでマジマジと見たら英語1単位だけ落単で済みました。

英語落単ってのも和泉返しの可能性を秘めているので笑えませんが(笑止)

親の反応が怖いですが(確かに大学で英語を落とすのは自分でもどうかと思うが)鬼門O城教授の単位がBで来たのはほんと良かった。

 

そして何よりも共通選択科目、これを落とさなかったことに喜び。

 

秋はフル単取って駿河台に90単位以上持っていきます(?)

 

 

青木ヶ原樹海

6月16日金曜日、1限の語学(毎週予習確認テストがあり限界)が休講になり全休を得た。

 

で、興味本位で埼大の友人と樹海に行った。

 

青木ヶ原樹海は、富士急行河口湖駅からバスで数十分のところにある。

 

安定の富士急山梨バスである。

鳴沢氷穴」で下車、5分くらい道路を歩くと鳴沢氷穴が見えてきた。観光地化され、風穴との入場券をセットで買い(600円)、ヘルメットを着用し、いざ穴へ。

f:id:izmcampus:20170619124557j:imagef:id:izmcampus:20170619124610j:image

もうこの時点で涼しい。

f:id:izmcampus:20170619124849j:image

 さらに下りると氷のブロックが現れた。

長袖でも肌寒い。

 

樹海はそもそもn年前の富士山の噴火🌋(正確にいうと約1150年前の側火山の長尾山の噴火🌋)の際の溶岩流から形成されたものであるため、降った雨は沢に集まるのではなく岩に浸透する。そして富士五湖に流れ出たり、こうした洞窟で氷筍となったりする。

素人は黙っとれ……

で、鳴沢氷穴は縦穴90mくらいとのことでかなり期待していたが、10分程度で一周してしまった

 

その後、風穴までは樹海内の東海自然歩道を歩いた。(ブラタモリみたいに溶岩流の方向等は確認しなかった)

まず、入口恒例のこの看板

f:id:izmcampus:20170619130908j:image

テンションが上がる

f:id:izmcampus:20170619131244j:image

独特な樹木の根。

全てが道に見えなくもない。

目印にできそうなものが何一つない。

食えそうなものもない。

水はない。

溶岩流のためどこも似たような地形。

こりゃ迷ったら終わりやなあ…

f:id:izmcampus:20170619133012j:image

しばらく歩いて退屈だった我々は各々の大学の校歌や中央大学校歌を大声で歌っていた。

埼玉大学我が母校

おお明治その名ぞ我らが母校

中央の名よ光あれ                   (阿保草)

20分くらい歩くと富岳風穴に出た。ここもヘルメット着用。洞窟入ってさっそく頭をガツンとやってしまった。

中国人のオバハンに

「アアアアアアアアアアア大丈夫ダスカアアア?」

と言われ、漏れ、さすがに吹いてしまった。

そして進むと立派な氷筍が!

f:id:izmcampus:20170619133246j:image

あまりのデカさにクライスした。(正直見慣れた感もあったが)

f:id:izmcampus:20170619133627j:image

どうやら繭保管冷蔵庫としても使っているようだ。

f:id:izmcampus:20170619133800j:image

溶岩流の模様。

 

この洞窟も約15分で一周してしまった。

洞窟の入口付近でドイツ人🇩🇪が寒すぎると騒いでいたのが愉快極まりない。

 

まとめ。

交通費がめっちゃかかるゾ〜^